現代社会がもたらす、子宝が授からない原因

赤ちゃんが欲しい。でも授からない。

「赤ちゃんが欲しい」と切に思っているけれども、なかなか妊娠しないという方が増えています。女性は、生まれながらにして赤ちゃんを授かる力を持っています。ところが、現代社会において食べ物やファッションなど、カラダに影響を及ぼすものが多すぎます。

食べ物については、添加物や残留農薬、ファッションでは、ハイヒールや素足という具合に、知らず知らずのうちに体はいじめられています。それが、積もって子宝が授からないようになっています。

●不妊治療をしてもなかなか妊娠しない
●検査をしても「問題ない」と言われているのに子宝に恵まれない
●二人目ができにくい
●流産をくり返す
●体外受精がうまくいかない

と、言った相談が増えているのも現代社会がもたらすものです。

しかし、安心してください。

体質を改善することにより、うまくいくことが多いのです。

漢方治療の良い点

副作用が少ない。

漢方治療は、カラダに副作用が少ない安全な治療です。西洋医学のように悪い部分を特定し、その箇所だけを治療することはしません。悪い部分ができる原因はカラダのバランスにあると考えるので、体質を改善し、全体のバランスを整える事で症状を良くする根本療法です。カラダにもともと備わっている自然なリズムを取り戻す事によって妊娠しやすい健康的な体を作っていきます。

たくさんの人の不妊相談を受けた経験から言えること

それは、不妊で悩む人の多くは、妊娠できない「不妊」ではなくて、まだ妊娠していない「未妊」だというこことです。

なかなか妊娠しないのは、まだ身体の準備が整っていないからです。

漢方薬で「妊娠できる身体づくり」をしましょう
また、日頃からどういう生活スタイルを送るかということも、とても重要です。
当店では、日常で気を付けておきたいことや、知っておきたいこともお伝えしております。

家計の負担が少ない。1ヶ月2~4万円。

1ヶ月の費用が、2~4万円です。
今まで病院で主に「体外受精」を何度も経験して、ご相談に来られる方が多くいらっしゃいました。
それに比べて、「漢方治療」の場合は、比較的、経済的負担が軽いかと思います。

病院との併用も可能です。成功率が高まります。

西洋医学での不妊治療との併用も可能です。人工授精や体外受精を行う場合でも体づくりをきちんとしておけば、活発な精子ができたり、生育のよい卵子ができ、その結果として成功率を高めことができ、排卵誘発剤やホルモン剤の副作用を軽減する事が可能になります。

「不妊症には、この漢方薬」という決まったものはありません。不妊の原因は人それぞれ違い、また、体質も同じではないからです。

漢方薬によって妊娠しやすい元気な母体から生まれてくる赤ちゃんは、すこやかで育てやすくなりますし、出産後の母体の回復の早くなります。

当店では、お話を伺い、その方お一人お一人に合った漢方薬などをお出ししております。

漢方のことなら、
おまかせください。


 

 セミナーのご案内

赤ちゃんが欲しい!!
妊活支援講座 市民講座

8月2日(土)開催

・時間   13:30?15:00
(個別相談 15:30?17:00)
・会場   新川文化ホール
・主催   ひらた資生堂薬局
(0765-52-0821)
・定員   先着20名(完全予約制)
・申込方法 電話もしくは店頭にて受付

お問い合わせ・参加申し込み:
店頭もしくはお電話にてお問い合わせください

妊活セミナー

 

赤ちゃんが欲しいと願うご夫婦のお役に立てることにやりがいを感じています。
皆さんが笑顔で我が子を抱けるよう、しっかりサポートして参ります。
一人で悩まないで、お気軽にご相談ください。

カウンセラー平田

〒938-0031
富山県黒部市三日市3204
TEL:0765-52-0821

受付:9:00~19:30
定休日:日曜日

富山県のひらた資生堂薬局の本体サイトはこちら